32_【その他】仕事

不況

今週は百年に一度の不況の最中にも関わらず、仕事が異常に忙しかった。。。。

昨日も、マーケティングに関するコンサル案件のレポートを書きつつ、夜は実家会社のHPリニューアルの打合せでした。ううう。。。眠い。。。

UCLAとOxfordのEssayを仕上げないといけないのに。。。

Oxfordは、元々2ndで出願する予定だったのでほとんで出来上がっているのが救いですね。

Oxfordのエッセイはお題は2問と少ないのですが、Essay1:キャリアゴールとWhy Oxford?で1,000 words、Essay2:最近の本や出来事で影響を受けたことは?で2,000wordsと、1題が異常に長いのです。

他の学校で2,000wordsとか見たことありません。自分の内容的には、ビジネスの実体験や今後のキャリゴールとの繋がりも踏まえて、まずまずいい感じで書けたかなと思っています。

「どういう出来事が印象に残ったか?」→「なぜその出来事が自分にインパクトを与えたか?」→「それによって、自分がどう行動したか?」→「その出来事が世の中に与えた環境変化を踏まえて、今後自分は将来のキャリアで、今回の経験をどのように活かしていこうと思うか」という感じで構成したら、まずまずいい感じの分量になりました。(具体的にどういう出来事が書かないと、イメージし辛いかもしれませんが。)

何とかブラッシュアップして、インタビューだけでも呼んでもらえるといいんですけど。

あー、今日は久しぶりに仕事で徹夜な気がしてきて、壊れ気味です。

| | コメント (2)

おいでやす

今日は1日京都でお仕事です。

お仕事といっても、クライアントと厳しいやり取りをするわけではなく、学生さんにコンサルタントとは何ぞやという、お話をしてきただけです。

「Kさんは、将来のキャリアプランをどのように考えているですか?」と聞かれると、さすがに「MBA受験頑張って、一層のキャリアアップを目指します!」とは言えない(私費留学なので、会社には内緒なのです。)ので、若干困ります。
「まずは、この会社でマネージャーとして実績を残すことを目標として、将来的には独立できたらいいなと思っています」と答えてしまいました。

学生さん、ごめんなさい。私、今すぐ会社やめようと思ってます。

しかし、エッセイで自分のキャリアをうまく伝える術を身につけたためか、私のキャリアについての話は学生さんには結構好評のようでした。こんな所でMBA受験の経験が役に立つとは。。。MBAに旅立つ前に、少しは今の会社に貢献できた気がして、ほっとしました。

あと、京都は学生時代を過ごした街なので、やはり懐かしかったですね。

移動時間と空き時間には、CornellのEssayの最終化をセカセカやっていたので、全く京都を楽しむ暇はありませんでした。
※ちなみに、さぼっていたわけではなく、公共の場でクライアント向けの資料をいじるわけにもいかないので、空き時間に仕事をすることが不可能なのです。

3rd round挑戦もそろそろ終盤、中だるみせずに頑張らねば。

| | コメント (0)