« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

インプレッサ

とても市販されるとは思わないが、こういうコンセプトものは凄く好きです。
1度は雪山でこんな運転をしてみたい。。。

というか、DCとコラボしているだけあってビデオ自体もストリートっぽくカッコ良い感じに仕上がっていてお勧めです。

| | コメント (0)

日本人

よく、色々なビジネススクールに関する情報の中に、「日本人が多い/少ない」という項目があります。

多ければ、文化も言語も同じ人がたくさんいることで何かと助けになる一方で、日本人同士で固まってしまう危険性があります。

少なければ、日本人同士で固まる危険性は減るものの、日本でのネットワーク作り(特に卒業後に日本で就職しようとしている人にとって)があまりできないという不利な点もあります。

要するに、個人の目的に応じて良し悪しが変わります。


で、Andersonはというと結構日本人が多い方だと思います。特に今年は1年生だけで10人以上の日本人がいます。

個人的な感想は、「これくらいたくさん日本人がいて良かったなー」というのが正直なところ。
入学前は、全然逆の感想をもってたんですが。。。

まず本格的に授業が始まると、あまり日本人同士で固まっている暇がないのでデメリットはあまり感じません。(Andersonはコア授業については学校側が分けたクラスごとで授業を受けるので同じ授業を受ける日本人は多くて2人くらい。)

それに何といっても、いざという時に助け合える人たちがいるというのは良いものだなーと思います。

先日は、ある生徒さんのお誕生会を兼ねて各クラスにバラバラに散っていた日本人戦士たち数名で夜飯を食べる機会がありました。

目的は誕生日会だったのですが、なぜか私の勉強や就職活動での辛さや失敗談などの話で大盛り上がり。

個人的には笑えない。。。。ていうか、俺がピンチなのって結構有名なんだ。。。。でも、こうやって話しをして笑ったりしていたら、若干自分も楽しくなってきた!

ということで結構落ち込み気味だったのですが、みんなでワイワイと話して気分的に大分前向きになることができました。

このようにみんなで励まし合って、頑張っていける環境は凄く良いものだなと思うし、それぞれがポジティブな影響を与え合っていけるんじゃないかなと勝手に思ってます。

| | コメント (3)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »