« MBA受験を振り返って | トップページ | 中間試験 »

Work Hard Play Hard

Andersonでは、"Word Hard, Play Hard"という言葉がよく使われます。
勝手な解釈として、「勉強も大事だけど、せっかくLAにいるんだしOff Campusでの活動もしっかりやっていいよ!」という学校側からのメッセージだと理解しています。

なので、勉強が忙しいといいつつ生活全体からもTake Awayがある毎日を目指しています。

そんなことをしていたら、週末のスケジュールがエラいことに。

勉強系
・Data&Statisticsの小テスト(日曜提出)
・Marketingのケース分析ライティング(月曜提出)
・Accountingのテスト勉強(火曜テスト)

就活系
・学校のキャリアセンターの個別カウンセリング(金曜朝)

課外活動系
・ファッションショー出席(金曜夜)
・映画プレミア出席(日曜夜)
・サッカークラブ練習(金曜昼)

遊び系
・UCLAアメフト観戦(金曜昼)

キツいなら、勉強に集中しろよという声が聞こえてきそうですが、削って削ってこれなのです。

「課外活動系」と「遊び系」の境界線がかなりグレーに見えますが、ファッションショーなどはエンタメ業界での就職を目指す私にとっては、ネットワーク作りのための重要なイベントなのです。

約2ヶ月間、MBA生活を過ごして時間管理の重要さをあらためて思い知らされるばかりです。

体力的にはきついけど、楽しいことばかりなので、これはこれでいいんです。
頑張ります!

|

« MBA受験を振り返って | トップページ | 中間試験 »

03_【UCLA】授業関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MBA受験を振り返って | トップページ | 中間試験 »