« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

【告知】UCLA Anderson学校説明会

渡米準備に追われ、更新が滞っていました。次回からは、UCLAを中心としたMBA受験の総括を書いていきたいと思います。

今回は、私が進学予定のUCLA Andersonの学校説明会のお知らせです。

毎年恒例で、その年の卒業生の方々が中心となって運営しています。

今年は8月30日(日)に、ヴィラフォンテーヌ汐留で開催予定です。

私は昨年度の説明会には残念ながら参加できませんでしたが、実際に卒業生・在校生の方々と触れ合う機会は今後のエッセイ・インタビューの内容を強化することにつながると思います。

正直、Webや紙媒体から得られる情報はかなり限定的なものです。私も実際に在校生/卒業生の方とお話をすることで、学校の「色」をよりはっきりと感じることができました。

UCLAを受験しようか迷われている方も、UCLAに行きたいけどどうすればより効果的なアプリケーションを作成できるかを試行錯誤されている方も時間があれば是非ご参加ください。私も参加できていたら、もう少しエッセイの苦労が軽減されていた気もします。。。

少なくとも参加して損はないイベントだと思うので、是非ご検討を。

私自身は当日は既に渡米している予定なので参加はできませんが、より多くの方がこの機会にUCLAに興味を持っていただければ幸いです。

興味のある方は、下記リンクからアゴス・ジャパンに申込の受付をしてみてください。

https://www.agos.co.jp/onlineservices/modules/agendax/index.php?op=view&id=1408&on=20090830

| | コメント (0)

タイトル等を変更しました。

UCLAへの留学決定を機に、ブログのタイトルとデザインを一新してみました。

タイトルは、NASのNY State of Mindのパクリです。
最近は、NEWERA CAP(ヒップホッパーの人達に大人気の帽子)でもState of Mindシリーズというものが出ていたので、流れに乗ってみました。

デザインは1から自作したかったのですが、断念して有りもののテンプレートを使ってしまいました。次回リニューアル時にはもっとカッコイイデザインに変更したいと思います。

これからは、留学準備、学校生活、そしてMBA受験の振り返りについて書いていこうと思います。
在校生の立場になると、緊張してあまり更新しなくなる可能性もありますが、できるだけ頑張って更新しようと思います。

今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (0)

そろそろ

ようやくMBA受験生としての生活に一区切りをつけることができたので、ブログのデザイン等も一新して、UCLA留学用にリニューアルしていきたいと思います。

また、完成次第UPしますので、今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (0)

合格してみて

色々な受験生の方の「合格した後は、それはそれで凄く大変」という声を良く聞きますが、ホントですね。。。

これ、大変です。
私は私費留学なので、会社には秘密裏に受験を進めていたこともあり、他の社費留学の方とかと比べるとお世話になって方々は少ないはずです。
しかし、お世話になった方にメールや電話をしているだけで、1日2日簡単に過ぎてしまいます。実際、『あいさつしました→飲みに行く』という流れになるともう大変です。嬉しい悲鳴ですね。

中でも大変だったのは、会社へ退職の意思を伝えることでした。3rd合格のため、合格から渡米まで間隔が短いため、非常にご迷惑をかけることになります。
非常に緊張しながら上司に伝えると、嫌な顔をされるどころか、「おめでとう」という言葉もかけていただきました。紳士な対応をしていただけて、非常に感謝ですね。
残りわずかですが、会社のために少しでも貢献して旅立とうという気になりました。

ただ、合格すると色々な方に、「凄いね、おめでとう」と言っていただけるので、調子に乗ってしまいそうで怖いです。
まだ自分は合格しただけで、何も成し遂げていないということを意識しないといけませんね。

| | コメント (0)

UCLA結果発表

UCLAから合格のお電話をいただきました!

時差の関係もあるので、まさか電話がかかってくるとは思っていませんでした。
【非通知設定】の表示の着信があり、「まさか!」と思い電話に出ると、「Congratulation!......(すいません、ここから先はあんまり覚えていません。)」

苦難のMBA受験でしたが、最後の最後でまさかの大逆転ホームランが出ました。

ここまで来れたのも、応援していただけた皆様のおかげです。
このブログの存在も、頑張る上で非常に励みになりました。
本当にありがとうございました!

| | コメント (6)

Last Day is Coming Soon

昨年の1月に、AGOSの説明会に出席し開始した2009年のMBA受験ですが、遂に今週で正真正銘の終了となります。

失敗と挫折の連続の中、たった一つだけ残された希望であるUCLA Anderson School of Managementの結果発表が6月4日に迫ってきました。

AdmissionのBlogで6月4日に全てのDecisionをリリースする旨が発表されたので、良くても悪くても、この日に全てが決まります。

受験開始当初は、合格でも不合格でも6月まで結果発表にやきもきする日々を送っているとは全く想像していませんでした。6月は渡米(英)準備真っ最中もしくは2010年の1st Round出願準備にとりかかっている頃だと思っていました。

GMATとTOEFLとEssayの3重苦で徹夜続きの毎日に追われながら準備をし、周りから「どうせ無理だから来年にしたら」「そこまで睡眠時間削ってまでやる必要があるの」という声もありました。

個人的には、合格の時はもちろん不合格で終わったとしても半ば意地のようにして2009年の受験にこだわって本当に良かったと思っています。「限界まで諦めずに努力を続けたこと」や「緻密に将来のキャリアプランを練り上げること」などを通じて人間的に大きく成長できた1年だったと思います。これは、2010年受験にシフトする際にもアドバンテージとなることだと思います。

あと、ブログを始めたことも自分の受験を振り返る上で役立ったと思います。それに、人に読まれていると思うと余計「頑張らなくては」と思えることも大きかったと思います。(その割に結果がついてこないですが。。。)

ということで、この結果発表をもって、このブログも一区切りになります。
(どちらにしても書き続けますが、タイトルを変更する必要があるなーという意味で。)
これまで、こんなつたない文章を読んでいただいた皆様、ありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いします。

「やばい、結果が気になって今から興奮状態で眠れない・・・・」

| | コメント (3)

UCLA & Oxford Interview

大分時間がたってしまいましたが、2009年のMBA受験最後の山場、OxfordとUCLAのインタビューを受けてきました。

最後なので、万全を尽くして両校に望んだのですが、印象は本当に正反対でした。
これだけ時間がたっているので、片方からは既に死刑宣告をされているのですが、「そりゃそうだろうな」と思える、見事な散りっぷりでした。

ということで、両インタビューの内容はこんな感じでした。

Oxford
場所: 都内某ホテルの一室
時間: 20分弱
インタビュアー: 教授
質問:
1. Please describe yourself
2. Why Oxford?
3. Tell me feasibility of your career goal
4. Please answer some quiz (数学の問題みたいなのをいくつかされました)
5. Any questions?
感想:
 26年間生きてきて、「うわー、相手に自分の言葉が届いてないなー。。。」と感じる瞬間を何度か経験したことがあります。その一回が、まさかこの正念場で来ました。まだ、そのはっきりとした原因は分析しきれていませんが、「自分の現状の底の浅さ」が出た気がします。

UCLA
場所: キャンパス
時間: 約40分
インタビュアー: アドミッションの方
質問:
1.How was your visit to Anderson?
2.Why Anderson?
3.What is your career goal?
3.What extracurricular activity would you like to do in Anderson?
4.What have learnt from your professional experience?
5.Any question?
感想:
 インタビューを予約した時点では、生徒の方がインタビュアーをなっていたのですが、現地に行くとアドミッションの方が登場。若干焦りましたが、驚く程フレンドリーな方でした。上記の質問を見ていただければわかると思うのですが、質問はオーソドックなものばかり。インタビューというより、相互理解を深めるための会話という感じでした。私が「UCLAでこんなことをしたい」というと、彼が「なら、今日の夕方こういうイベントがあるから、それに出るといいかもよ」とアドバイスをいただけたりしました。

と、ここまで読んでいただけた方には明白だと思いますが、Oxfordから予想通りの不合格通知をいただきました。
合格された方は、是非Oxfordでの生活を満喫してください!
おめでとうございます!

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »