« Michigan: Interview Invitation | トップページ | UNCインタビュー »

GMAT: 私立文系でもMathで50点とれました②

今回は、私が勉強に使ったものを紹介しようと思います。

教材
①Official Guide 10th
②Official Guide 11th
③マスアカ
④Power Prep

勉強経験のある方にとっては、何の変哲もない教材セットな気がします。
私の感想では、浮気せずにこれらを使い倒すことが重要だと思います。

①、②は「GMATとは何ぞや」を理解するために一通り解いた程度です。本番の試験は確実にOfficial Guideより難しいので、これらの問題を解けることは重要ですが、出来たからといって50点は取れません。(ここは断言できます。)

③は、3〜4回くらいはやった気がします。この教材の知識を定着させることは重要だと思います。人によっては、難問集みたいなセクションだけやればOKという方もいますが、私のような数学大嫌い人間にとっては、教材全てから得るものが多かったです。

Mathで50点以上とるためには、何と言っても④だと思います。
試験2回分しか入っていないので、大事に使うべきという意見もあります。
しかし、ことMathに関しては模試ではなく、最高の問題集という位置づけで使うのがベストだと思います。
理由は、「毎回違う問題が出る」、「問題のレベルがOGより高く、本試験に最も近いレベルの問題を練習できる」という2点です。
答えを覚えてしまうという意見もありますが、あんまり関係ない気がします。私はPrepは、何十回とやりましたが、Mathは試験の点数とPrepの点数は連動していました。(私の場合、大体Prepの点数マイナス1点が本試験の点数)

あと、Prepを練習する上でのネックとして、解説が付いていないことがあります。
解説は、試験の問題文をそのままGoogle検索にかけると、見つけられます。(私はPrepの問題をもとにした、問題集+解説集を自作していました。)
オススメは、Manhattan Gmatというサイトのものです。(その他の解説は、たまに解答が間違っているので、気をつけた方が良いです。)
http://www.manhattangmat.com/


講座
①渋谷にある予備校の、難問講座(半日集中)

これ以外で、Mathには一切お金を使いませんでした。
理由は、何となく独学でできそうな気がしたから。

この「難問」と名のつく講座に、1回も受験していない状態で行きました。
なので、さっぱりついていけませんでした。

「俺やばい・・・」という危機感を持つ意味では、有意義でした。

|

« Michigan: Interview Invitation | トップページ | UNCインタビュー »

21_【テスト関連】GMAT」カテゴリの記事

コメント

初めまして。

現在、MBA受験をしているYesと申します。
たまたま発見したのですが非常に示唆に溢れる内容で参考になります。

ふたつ、質問させて下さい。

①Mathについて

私も恥ずかしながら、中高一貫教育ということもあり、数学は基礎がほとんどできずに私立文系で人生を歩んできました。そうした土台でMathを攻略するにあたり、マスアカは購入予定ですが、もしその前に取り組むべき参考書などはありますか?中学参考書とか。それともマスアカがあれば基本のところから勉強できると考えれるでしょうか?

②GMAT勉強開始時期について

現在、TOEFLの受験中ですが、GMATの勉強開始時期を悩んでいます。私は来年受験で少し先なのですが来年から重い仕事が予想されることからできるだけ早めに難解な試験を時間のあるうちにクリア、最低でも基礎をつけたいと考えています。TOEFLはListeningがボトルネックで伸びや何でいるのですが、GMATにはLがないので、Readingで25以上が出せるようになったらGMATに移行して、GMATで英語の勉強を兼ねようと思うのですがその戦略は間違いでしょうか?もちろん毎日Listeningは1時間以上勉強を確保しながらですが。

お忙しい中恐縮ですが、ご教授いただけないでしょうか?

宜しくお願いします。

投稿: wai | 2009年8月 3日 (月) 10時39分

>Yesさん
コメントありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

参考になるかわかりませんが、質問に回答させていただきますね。

①Mathについて
私も中高一貫、私立文系です。(ちなみに高2時点の数学の学年順位は198人中192番という黒歴史も持っています。)
なので、正直Mathは相当辛かったです。
個人的なYesさんへのアドバイスはこんな感じです。
・中学参考書を復習することが役立つことは間違いないので、時間に余裕があればやった方がよいと思います。
・ただ、GMATには、GMAT独特の範囲や回答方法があるので、効率的に時間を使うためにはOfficial GuideやマスアカなどのGMAT関連の問題をやり、そこで理解できない領域をピンポイントで参考書で勉強するのが良い気がします。
 ※一つ注意した方がよいのは、最近の傾向としてMath試験問題が難化しているということを聞きます。実際私が試験受けたときも、問題集では見たこともない3次関数の問題が出たりしたので、これらは対策が必要かもしれません。

②GMAT勉強開始時期について
私はYesさんのプランで大丈夫かなと思います。私はGMATのVerbalは知識よりも、英語力が重要だと考えています。(CRやRCは日本語だと簡単に解けるという前提ですが)
なので、Verbalを勉強していくと自然と読解力がつくのでReadingは問題ないと思います。

付け加えると、WritingはEssay、SpeakingはInterviewのトレーニングである程度カバーできるのですが、Listeningはそうはいかない気がします。
それを考えると、TOEFLのスコアが思うように出ないまま受験後半を迎えた場合でも、Listening以外はTOEFL以外のタスクで自然と力がついてきます。
なので、Listeningの力を毎日継続的に磨いていくのは、後々を考えると良い戦略かなと思います。


思いつくままに書いてしまいましたが、疑問点あればまたコメントかメールください。
よろしくお願いします。

投稿: kc | 2009年8月 5日 (水) 10時40分

kcさん

お忙しい中、貴重なご回答ありがとうございます。
大変参考になります。

①Mathについて

確かにおっしゃる通り、マスアカ→GMAT問題、分からないところは基礎本にもどるのが効果的かと思います。ただ、私立文系のため基本が全くできておらず、0からスタートさせるために中学数学全般の参考書を気合いにで1週間くらいで学習してからマスアカに入ろうかと思います。基礎をおさえていないとあとあと怖いですから。。

そのあとは、kcさんBlogにもありましたとおり、マスアカを徹底的に定着させて、問題演習をkり返したいと思います。

②GMAT勉強開始時期について

そうですね、現在はTOEFLのReadingで25程度なので、ここからはさらに3800のレベル4を定着させるとともに、GMATのRC、SC、CRで英語力を高めていきたいと思います。ナショナルジオグラフィックなどを読み込もうかと。。

ご指摘の通り、Listeningが一番課題です。。
20点をなかなか超えずに苦労しています。。最近は問題集を買って、問題をとく癖をつけています。漠然とOGの音読などを繰り返してても、やはり問題をとくとなると集中度が変わると思いまして。。あと、1日あたりの時間を2時間ほどに増やしています。

Listeningに関して、何かお勧めの学習法はありますか?
早めに25以上の定着を目指さないとまずいです。

お忙しいでしょうから、またお時間のあるときにご回答いただければ幸いです。

これからも応援しています。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: Yes | 2009年8月 9日 (日) 07時17分

リスニングは、特に地道な努力が必要な分野だと思います。
正直、解決法は「できるだけ英語を聞く時間を増やす」ことしかないと思います。

個人的なアドバイスとしては、まずは今やっている問題集のリスニングが簡単と思えるレベルになるまでTOEFLの問題集をベースに勉強する。それが終わった後、単調な問題集の勉強に飽きた時、もしくは通学時間などにその他のマテリアルを使うのが良いと思います。私は通学時間を使って、BBCをiPodで聞いていました。BBCやCNNのニュースはiTuneのポッドキャストで無料でダウンロードできるので、結構役立ちます。私は欧州かぶれなので、BBCにしましたが、アメリカ留学目指される方であればCNNとかのアメリカンイングリッシュのものが良いと思います。
私の経験上、諦めずに続けていると、どこかのタイミングで突然わかるようになる瞬間が出てくると思いますよ。

あと、リーディングですが私もナショナルジオグラフィックなどのその他媒体も使いました。参考までにお伝えしておくと、最終的にはWebの媒体をメインで利用しました。具体的には、Economist OnlineとNature Onlineです。前者は政治経済文化について、後者は理科系についてのリーディングのトピックを狙ったものです。
あと、Web媒体を利用した理由は、単純に無料だからです。

これからが、大変な時期と思いますが、頑張ってください!

投稿: kc | 2009年8月11日 (火) 02時11分

お忙しい中、ありがとうございます。

そうですね、Listeningはブレイクポイントがくることを信じて地道に続けるしかないですね。
机にむかうじかんは問題集、その他はTOEFLから離れて興味のある英語を聞こうと思います。とにかく集中力をあげることですね。集中すると聞ける、聞けると集中できるという好循環に持っていきたいと思います。

ReadingはそろそろPC画面での練習も必要かと考えていますので、教えて頂いたwebを毎日読むようにします。こちらも空き時間を有効に使って。

色々とありがとうございます!
本当に助かります!

投稿: Yes | 2009年8月11日 (火) 08時17分

>Yesさん
これからどんどんと大変になってくると思いますが、是非とも頑張ってください!

kc

投稿: kc | 2009年8月13日 (木) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Michigan: Interview Invitation | トップページ | UNCインタビュー »