« TOEFL100点攻略法③:Reading(事前準備) | トップページ | Columbia Business School出願 »

TOEFL100点攻略法④:Listening(事前準備)

比較的、Listening Sectionは受験初期の頃からまずまずのスコアが出ていました。
初回受験時26点→現在28点という感じです。
但し、初期の頃は26点から22点の間でスコアが激しく揺れ動いていました。

これもReadingと同じく26点の壁をいかに破るかが課題だったので、26点以前・以後に分けて勉強の記録を書きます。

26点以前
教材:①Longman Preparation Course for the Toefl ②The Official Guide to the New Toefl Ibt(ETS) ③TOEFL TEST対策iBTリスニング(テイエス企画)

Readingと同じく、初期は①を本を一通り片付けた後、CD-ROMの演習をひたすらこなしました。そして、試験前だけ②で本番の感覚を掴むようにしました。
Readingの回で、「本番より難しい参考書はほとんどない」ということを書いた気がしますが、③に関しては例外だと思います。初期の頃は、③の内容に全くついていけず凹んでいました。正直、「こんな難しくしなくても・・・」とも思いますが、これくらいやっておいた方が本番は気を楽にして望めるかもしれません。
「ある程度の点数でいいや」という方には、①と②のコンビネーションで良い気がします。

26点以降
教材:①TOEFL TEST対策iBTリスニング(テイエス企画) ②Podcast

ここからは、特別に何かを勉強するより、とにかく英語を聞くことに慣れることに集中しました。①はiBTの関連トピックの力を定着させるため、②は生の英語に慣れて英語力のベースアップを図るために活用しました。

②は、BBC News、Stanford、Whartonのものを聞いていました。
BBCに関しては、私がイギリス好きだからというためで、純粋なTOEFL対策であればCNNとかの方が良い気がします。
Stanford、Whartonのものは、好きなトピックを見つけてそれを通勤中に聞いていました。
Stanfordの方が幅広いジャンルのトピックもあり、音質も比較的キレイなので、こっちをメインにしていました。例えば「日本のベンチャー育成環境について」といったトピックは、自分の興味分野でもあり、話しの背景もわかっているので、非常に聞きやすかったです。

上記のものは、全て iTunes Storeからフリーでダウンロードできます。iPod大活躍です。

ということで、Listeningに関しては当たり前ですが、「毎日5分でもいいからとにかく聞き続ける」ことが大事な気がしました。定着すると安定してハイスコアが出やすいSectionだと感じました。

|

« TOEFL100点攻略法③:Reading(事前準備) | トップページ | Columbia Business School出願 »

20_【テスト関連】TOEFL ibt」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170682/28311863

この記事へのトラックバック一覧です: TOEFL100点攻略法④:Listening(事前準備):

« TOEFL100点攻略法③:Reading(事前準備) | トップページ | Columbia Business School出願 »