12_【MBA受験】受験記録(UCLA編)

UCLA結果発表

UCLAから合格のお電話をいただきました!

時差の関係もあるので、まさか電話がかかってくるとは思っていませんでした。
【非通知設定】の表示の着信があり、「まさか!」と思い電話に出ると、「Congratulation!......(すいません、ここから先はあんまり覚えていません。)」

苦難のMBA受験でしたが、最後の最後でまさかの大逆転ホームランが出ました。

ここまで来れたのも、応援していただけた皆様のおかげです。
このブログの存在も、頑張る上で非常に励みになりました。
本当にありがとうございました!

| | コメント (6)

UCLA & Oxford Interview

大分時間がたってしまいましたが、2009年のMBA受験最後の山場、OxfordとUCLAのインタビューを受けてきました。

最後なので、万全を尽くして両校に望んだのですが、印象は本当に正反対でした。
これだけ時間がたっているので、片方からは既に死刑宣告をされているのですが、「そりゃそうだろうな」と思える、見事な散りっぷりでした。

ということで、両インタビューの内容はこんな感じでした。

Oxford
場所: 都内某ホテルの一室
時間: 20分弱
インタビュアー: 教授
質問:
1. Please describe yourself
2. Why Oxford?
3. Tell me feasibility of your career goal
4. Please answer some quiz (数学の問題みたいなのをいくつかされました)
5. Any questions?
感想:
 26年間生きてきて、「うわー、相手に自分の言葉が届いてないなー。。。」と感じる瞬間を何度か経験したことがあります。その一回が、まさかこの正念場で来ました。まだ、そのはっきりとした原因は分析しきれていませんが、「自分の現状の底の浅さ」が出た気がします。

UCLA
場所: キャンパス
時間: 約40分
インタビュアー: アドミッションの方
質問:
1.How was your visit to Anderson?
2.Why Anderson?
3.What is your career goal?
3.What extracurricular activity would you like to do in Anderson?
4.What have learnt from your professional experience?
5.Any question?
感想:
 インタビューを予約した時点では、生徒の方がインタビュアーをなっていたのですが、現地に行くとアドミッションの方が登場。若干焦りましたが、驚く程フレンドリーな方でした。上記の質問を見ていただければわかると思うのですが、質問はオーソドックなものばかり。インタビューというより、相互理解を深めるための会話という感じでした。私が「UCLAでこんなことをしたい」というと、彼が「なら、今日の夕方こういうイベントがあるから、それに出るといいかもよ」とアドバイスをいただけたりしました。

と、ここまで読んでいただけた方には明白だと思いますが、Oxfordから予想通りの不合格通知をいただきました。
合格された方は、是非Oxfordでの生活を満喫してください!
おめでとうございます!

| | コメント (0)

UCLA Visit①

Interview Invitationをもらってからまだ2日ですが、、、
やってきましたロサンゼルス!

今日は昼頃にLAに到着し、夕方からのInformation Sessionに出席してきました。
内容は、2年生の生徒による1時間程度の一般的なプログラムについての説明+質疑応答でした。

出席者は、私と同様、今週にインタビューを控えた方が半分、来年のアプリカントの方が半分で計20名強でした。

一応、エッセイも仕上げてインタビューまで呼ばれている身なので、説明自体は大体知っていることの復習という感じでしたが、実際にUCLAのキャンパスへ行ってそこで学生の方と話しをするとモチベーションが大分変わります。

凄くいいです、カリフォルニアとUCLAの雰囲気。
2歳の時に来て以来なので、24年ぶりです。

詳細はまた明日以降に書きますが、NYやヨーロッパでは味わえない特別な感じがします。

| | コメント (2)

UCLA Interview Invitation

OxfordからInvitationを頂いてほっとしていると、何とUCLAからもInvitationが!!!
出願はしたものの、インタビューまで進めるとは全く思っていなかったので、ビックリ。

これは、何とかこのゴールデンウィークを使って現地まで行きたい!
ということで、新型インフルエンザに大騒ぎの中ですが、急遽明日から渡米してきます。

Oxfordのインタビューも希望通りいけば、渡英しなくてはならないので、有給使いまくりになりそうです。
「会社の人、ごめんなさい。これが最後のチャンスなんです。」

準備期間もわずかしかないですが、ここまで来たら何とか合格したいと思います。

| | コメント (2)

UCLA出願完了

UCLAに出願できました。
「喋る」エッセイというものは初めてだったので、カウンセラーの方に何度もチェックしていただきながら、何とか完成させる事ができました。
NYUと並んでエンタメ系が強い学校なので、志望度は高かったのですが、結局最後の出願になってしまいました。
毎度のことですが、過度な期待はせずに待ちます。

残りのApplicationはOxfordとCambridgeのみ
もうちょっとだ。

| | コメント (2)